2006年09月13日

時かけとソフトクリームラーメン

と、言うわけで本日は「時をかける少女」を見てきました。


時かけパンフ.jpg


見に行った映画館はテアトル新宿です。
水曜は1000円で見れるということで行ってきました。
今は朝9時10分からの1回しか上映しないので、それに間に合うように起きたつもりだったのですが・・・見事に寝すぎ。
急いで家を飛び出し何とか上映時間ギリギリに到着。
・・・危なかった。

で、映画の方はというと、かなり良かったです。
タイムスリープが出来きるようになった頃の主人公のタイプスリープ後の登場の仕方が面白過ぎて笑うのを堪えていましたし、後半の展開はべたと言えばべたな展開でしたが、ラストの演出には涙腺が緩くなりました。

この映画を通して「何事もその場で立ち止まっていては何の解決にもならない。前をむいてそれに向き合っていくことこそが大切だという」ということを改めて知らさせて貰いました。
いや本当に良い映画だったです。

まだ見ていない人には是非とも勧めたい映画なのですが、ただ残念なのは上映館が少ないことなんですよね。一応増えてきてはいるけどまだまだ少ないと思います。
もし、近くに観ることが出来る映画館があるのなら是非とも見て欲しいです。



この映画を見た後、予定どうり「菊や」に行ってソフトクリームラーメンを食べてきました。

最初は北千住駅に着いてから何も考えずに歩いて行き、本来行くべき方向とは逆の方向に歩いていってしまい、かなりの時間をロスしてしまいました。
あわてて駅に戻り、場所を確認して再度出発。

・・・この時点で町名までしか確認せず、「この辺りだ」とアバウトな考えて動いてしまったため、またも行き過ぎてしまいました。場所が10−3番地なのに50−1番地まで何も考えていってしまう俺って・・・orz。あわてて携帯で住所を再度確認して行き過ぎだと分かりUターン。
ようやく目的にたどり着きました。


・・・しかし本当に店自体狭いのですね。椅子が7個ほどしか置いてないです。
とりあえず、ソフトクリームラーメンを注文。
店の親父さんに「冷たいけど問題ないか?」と聞かれましたが、これ目的で来たので、「問題ないですよ」と答え頼みました。


ソフトクリームラーメン.jpg


というわけで、ソフトクリームラーメンの登場です。
店の親父さんが行ったとおり、こいつは冷やしラーメンなんですね。(確かに温かかったらすぐソフトクリーム溶けるもんな)。
で、味の方というとおいしかったです。
スープにソフトが溶けてもヘンな味にあるわけではなく、むしろ良い感じに混ざっておいしかったです。

他のラーメンもかなり興味があるので、また今度も行こうと思っています。(場所も覚えたことですし。こんどは自転車で来よう)

あ、そうそう店の親父さんはかなり面白かったです。
土、日はやっぱり人が並ぶらしいのですが、その場合はまず少し先にあるおいしい本場のラーメン屋さんを教えてやるとか電話が鳴っても電話してくる人は用事があるかもしれないが、俺には用事がないから出ないとか(本当に電話が鳴ってでていませんでした。なので店の位置を電話で聞くことは不可能です。)


明日からまた仕事ですが、休み最終日は充実した日となりました。



posted by マスオ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。