2009年02月16日

ガンダム00 セカンドシーズン 第19話 「イノベイターの影」

ガンダム00 セカンドシーズン 第19話 「イノベイターの影」の感想を

●マリナさん危機一髪
先週のCパートからの続き
クラウスのとっさの攻撃で流石にマリナさんが撃たれる事はありませんでした。
これもヒロイン特権で良いのかな?

何とか隠れ家から脱出するマリナと子供達
シーリンがクラウスとの合流ポイントへ偵察に行くので、待っている間何かあったら困るから拳銃を持つよう話すが、受け取らない。
拳銃をもったら子供達の瞳をまっすぐに見つめられなくなるからだと言う。

●CBVSアロウズ
ダブルオーライザーはルイスを探し戦場を駆け巡る
そこへイノベイターの攻撃が来る
イノベイターは捕虜にしてヴェーダの位置を吐かせるためティエリアに任せ刹那と沙慈はルイスの乗る機体を探す。

●ピーリスの暴走
彼女の頭の中にはセルゲイの仇であるアンドレイを撃つことしかない。
GNアーチャーでひたすらアヘッドを叩いていく。
そしてそれを守る為に戦うアレルヤ。
最近彼は喋るようになったと思ったら今度は殆どが「マリー」なんだよな。
あとマリーは一応アンドレイを呼び捨てじゃなく「アンドレイ少佐」って言うんだな

●ケルディムのシールドビット、アサルトモード
これは単なるビット攻撃で良いのかな?
なんか固まっていたけど、個人的には何をしたのか良く分かってません。

●リボンズの思惑のずれ
ダブルオーが戦場に出ていることに驚くリボンズ。
どうやら刹那の撃たれた擬似GN粒子はヴェーダの予測では致死レベルになっているらしい。
前回進行が退化しているという話があり、リボンズの細工かと思ったらそんなことは無かった模様。
リボンズは刹那が変革をしていると呟く。
変革?
イノベイターとも違うニュータイプにでも変わろうとしている?

●ルイスを探せ
なかなか見つからない模様。
そこへイノベイターの攻撃が迫る。
その時隕石の裏に隠れている機体を発見。
トランザムを使い一気に距離を詰める

●久々のハレルヤさん
トランザムを使用し、GN粒子を撒き散らしながら隕石に隠れた敵MSへ近づくダブルオーライザー。
その加速粒子を浴びて久々にハレルヤさん復帰!!
どうやらこのGN粒子を浴びるとハレルヤの人格が表に出てくるみたいですね。

●ルイスを見つけた
隕石から出てきたMSの中にはルイスの乗る機体があった。
プトレマイオスが攻撃を仕掛けようとした所。
刹那と沙慈の声が聞こえ、攻撃を中止。
ホント、トランザム使用中は敵にも見方にも届く声だな。
そして沙慈はルイスに呼びかける。止めようとしたアンドレイを吹き飛ばし…

●沙慈とルイス
ルイスに向かって叫び続ける沙慈
そしてルイスと沙慈は不思議空間に突入。

その中で沙慈はひたすらルイスに叫び続ける
ルイスはアロウズにその身を捧げ、そして親の敵を撃つという
それでも沙慈はルイスのことは知っていると呼びかける。
その甲斐あってかルイスが心を開けかける
だがそこへアンドレイが邪魔に入る

●ティエリアVSリヴァイヴ
ついにセラヴィーの6刀流が火を噴く。
GNフィールドを使って近づき、6本ビームサーベルでガデッサを撃破。
機体を破棄し逃げるコアをセラフィムで捕まえ、確保完了。

●アンドレイVSマリー
ダブルオーライザーのトランザム活動時間がなくなり、後退するしかない状態になった刹那と沙慈
そこへマリーが登場。
アンドレイに向かって何故セルゲイを殺したかと問い詰める
最初はマリーが生きていたことに驚くアンドレイだが、
マリーも裏切ってCB入りしていると思い込み逆に牙をむく。

なんでそういう発想に行くのかな?
ここまで行くと絶対セルゲイは裏切っていないと言う真実をアンドレイが知る日はこなそうな感じだな。

撤退するアンドレイを倒そうとするマリーに向かって沙慈が止めさせる。
なんか今週はいろいろとメイン張ってるな沙慈!!

●ブシドーさん
そんな一部始終を見ていたブシドーさん。
かなりご立腹の模様。
なんか私にも考えがあるって言ってるけど、何だろう?

つーか何故にマスラオは腕組しているんだ?(笑

●沙慈の決意
戦闘後、沙慈は刹那に向かってルイスを取り戻すため、自分の戦いをすると言う
ホント今週はメイン張ってるな

●リヴァイヴの尋問
ヘルメットを取った姿を見てハッとするライル。
やっぱアニューになにかあると分かっていたのかな?
つーか他の人達はアニューに似ているって思わなかったのだろうか?

●アニュー覚醒
ついにアニューがイノベイターへ覚醒。
もしかして対のリヴァイヴと接触することで覚醒したのかな?
だとすると捕まった時のリヴァイヴはあえて何もしなかったわけだ

●留美の最後(?)
ヴェーダの位置をCBに伝えようとし、待っていた所をネーナに攻撃される
ネーナが乗っていた機体ってそれ自身が変形するんじゃなくて、合身していたのね。
なんか擬似GNドライブから6本の羽みたいな粒子が出ていたけど、
ガンダムスローネドライの出力が上がっているってことなのかな?

で、今までいろいろと何かをしようとしていた留美だけど、これで終了かな?
最後はやけにあっけなかったな。

●次回
アニューVSライルはありそうですな
アニュー死にそうだけど、どうなる?
ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

サンレッドDVD1巻とMASTER OF クイーンズブレイド

天体戦士サンレッドDVD1巻(AA)買って来ました。
sunred_dvd_1_1.jpg


個人的には2008年秋に放映したアニメの中で一番の注目作品ですので、DVDももちろん買いますよ!!(出来ればBDで出て欲しかったけど)

今回は1話から6話まで入っています。
久々に1話から見直しましたけど15分という短さが逆に丁度良く、テンポよく話が進むので、ついつい見入ってしまいます。

髭男爵の山田ルイ53世とひぐち君がそれぞれ声を当てていますが、山田ルイ53世のヴァンプ将軍は特に良い感じです。
彼以外にヴァンプ将軍役はいないって思えるぐらいに!!

しかしDVD1巻でもサンレッドが表紙にならないんですね。(主人公なのに)このまま表紙になることなく終わったらそれはそれで面白いな。

また初回生産分にのみトレーディングカードゲーム ヒーローズアタック フロシャイムの野望のカード2枚が付いているのですが、
sunred_dvd_1_2.jpg

sunred_dvd_1_3.jpg


これが物凄くカッコよい!!
ヴァンプ将軍が悪の組織って感じでカッコ良過ぎるし、サンレッドなんてどう見てもヒーローですよ(まあヒーロー何だけどさ。)。

と、いうかこれイラスト描いている方はレンジャーストライクの絵を描いている方と同じなんですね。
そりゃカッコよい訳だ。
次巻以降にも付くはずなので、物凄く楽しみです。

後は毎回下がるバイクの値段。
最終話にはこの価格が一体何ぼまで下がるんですかね?
sunred_dvd_1_4.jpg



また「MASTER OF クイーンズブレイド」(AA)を買って来ました。
masterofqb_1.jpg


内容は今までたクイーンズブレイド関係のフィギュアの紹介、各キャラの設定画などが収録されています。

フィギュアの方は主にメガハウス製のフィギュア紹介がメインとなっています。
また袋とじがあり、中にはキャストオフ後の画像が載っています。
キャストオフ後の画像を載せているのは公式物でこれが初めてじゃないですかね?
キャストオフは本当にすべて取った状態で載っているので、カトレアの息子もすっ裸で載っていますよ。

またまだ発売されていない、メナスやアルドラのキャストオフ後の絵も載ってます。(だけど2月に出るアンネロッテのキャストオフ画像は無いんだよね。)
masterofqb_2.jpg

masterofqb_3.jpg


メナスの乳は良いな。
アルドラのその股間のものは取り外し不可なのかな?


気になった記事
シマゾウ・レポート:メガホビEXPO 2009WINTER アルター&アルファオメガブースレポ!『マクロスF 1/8 シェリル・ノーム』、『1/7 高町なのはエクシードモード』、『1/7 フェイト・T・ハラオウン』他新作多数!
いろいろ発表されているみたいですね。
本日行って実物を見てこようっと。

ニコニコ動画:クソゲーオブザイヤー2008
メジャーはここまでひどいゲームだったのか…。

コナミスタイル:ついに予約開始!beatmania IIDX フィギュア 1/8シリーズ第3弾!「セリカ」
第3弾が出るんだ。
1弾,2弾とも出来は良かったと思うので今回も購入してみようかな。

今日もやられやく:マリナの歌が流れていた周波数からどこのラジオか調べてみた
こんな所に潜伏していたのか!!

アキバblog:ひぐらしのなく頃に礼 自主規制するとエロくなる
確かにコイツはエロいわ。

日本青年会議所のポスターがなぜか萌イラストに!? (情報元:究極最終兵器2ndWeaponさん)
ホント、萌え絵出しておけばOKっていう風潮になっているよな…。
posted by マスオ at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ガンダム00 セカンドシーズン 第18話 「交錯する思い」

ガンダム00 セカンドシーズン 第18話 「交錯する思い」の感想を

●4ヵ月後
話はアフリカタワー崩落から4ヶ月に飛びます。
どうやら4ヶ月でタワーに無事電源が入る模様。
思った以上に早かった。
またどうやら世論にはメメントモリのおかげで反連邦分子を排除できたという情報操作されているようですね。
正規軍もアロウズに正式に配属となったようですし。

あとアロウズではマネキン大佐が消息不明。
もしかしてセルゲイの死を知って独自に行動しているのかも?

●CB
どうやらこの4ヶ月はアロウズとの小競り合いのみで表立った行動はしていなかったようだが
メメントモリを撃破するために登場。
今回は近距離からのトランザムライザーを放ちこれを破壊。サジも何だかんだいって協力している模様。

●カタロンの方々
タワー崩壊後チリジリになってしまった模様。
更にアロウズの監視が強まり連絡も付けられないようです。
つーか元姫様、完全に主婦が板についていますよ。

●ぶちきれマリー
前回セルゲイの死亡を間近でみて、もしかして…って思ったら案の定ソーマに戻っていました。
アレルヤの話は全く聞かず、セルゲイの仇であるアンドレイを撃つためにGNアーチャーに自ら乗るソーマ。
セルゲイの敵を撃つ為にあえてソーマと名乗っているって事も考えられるけど…。
しかしこれでハレルヤの人格が表に出てきたらアーチャーアリオスは凄いことになりそうだな。

で、そんな姿を見てサジは憎しみで戦っているルイスにどう話せばよいか悩む。
ってなんか刹那より主人公らしい振る舞いだよな。

●刹那の怪我
やはりサーシェスが撃ったピストルは擬似GN粒子が含まれているようで、細胞の退化が進んでいる模様。
だが普通よりも進行スピードが遅いらしい。これもツインドライブを欲しがるリボンズが仕組んだこと?
と、いうことはもしかするとヴェーダにアクセスできれば擬似GN粒子の影響を全くなくすことも可能?になるかもしれませんね。

●留美の目的
どうやら自分がイノベイターになるため(?)にリボンズに近づいた模様。
でもイノベイターにはなれないと言われ反旗を翻す。
リジェネも留美に協力してくれているようだけど、これらは全部リボンズの掌の中で踊っているような感じぽいですな。

●アンドレイとルイス
アンドレイは昇進して中尉へ。
結局セルゲイがテロに加担していないという情報は息子には伝わりもしないのね。
結局最後まで知らされることはないって事なのかな?

●サジの決意
ルイスを取り戻すという名目で戦いに参加する決意をする。
いやここだけなら刹那さん以上に主人公しているよね。

●CBのベーダ奪還作戦
アロウズに自分達の位置が丸分かりって事は流石に彼らにもわかった。
そこでイノベータ達の情報統一をしているヴェーダを奪おうと考えている様子。
場所は分からないからイノベータに聞くって行っていますが、
それってもしかしてアニューのこと?

●ライルとアニュー
いきなりベットシーン!!
盛大にフイタ。

ニールに兄ライルのことを聞いてそのごアニューの身辺を聞こうとしたところ急に取り乱す。
そこへライルが抱きしめてキスをするわけだが、ふとアニューの目がイノベイターのあの目に変わる。
やっぱ無自覚のイノベイターだったのね。
情報はリヴァイブに届きアロウズが攻めてくる。

で、どうやらライルもアニューがスパイであることを気づいている様子ですな。

●アロウズとの戦闘
アロウズもCBを落とすために総力戦にかかろうとしています。
今回はブシドーも参戦する模様。

サジはルイスに会いに行くために行くと刹那に告げる。

アレルヤはマリーを守るために戦闘に向かう。
出撃時にあえてマリーではなくソーマと呼ぶ所がアレルヤの決意の表れなんでしょうね。

●ライルの告白
アニューへの告白。
すげー死亡フラグ過ぎるぜ!!

●皆さんの独白
戦場へ向かう人達がそれぞれつぶやく一言
基本想い人に名を言っているのに
ヴェーダやガンダムはねーだろ。

ホント刹那の中では
ガンダム>>>>超えられい壁>>>>マリナ

なのね。

●そんなマリナさん
アロウズが隠れ家襲来して来て子供をかばう為に盾になろうとしたところで次回へ。
刹那が想ってくれないからこんなことになるんだよ!!
ホントいい所が全く無いヒロイン(予定)だな。

●次回
サジはルイスと会話出来そうだけど、それすらもリボンズの罠なような感じ。さてどうなる?
ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

ガンダム00 セカンドシーズン 第17話 「散りゆく光の中で」

ガンダム00 セカンドシーズン 第17話 「散りゆく光の中で」の感想を。

●14年前
ついにセルゲイの妻の死の真相が明らかに
軌道エレベーターの技術者を守るためにあえて妻の小隊を見捨てたわけだったんですね。
アンドレイは軍規を守り母を殺した父を憎んでいるわけですね。

●2個目のメメントモリ
しかしこんなのよく2個も作っていたな。
流石にハーキュリーも6万の市民すべて殺そうとしているアロウズのやり方に驚きを隠せません。

●リボンズの思惑
イノベイターを作ったのはリボンズなので、世界を導くのはイノベイターではなくリボンズであるとか言っていますよ。
このセリフで一気に小物化した気がするぜ
またリジェネが離反とかしそうな率も上がってきました。

●サジ2度目の出撃
プトレマイオス2が空へあがろうとするが、現状の状態では無理だと止められる
そこへ刹那が登場。
ダブルオーでメメントモリを破壊するという。
どうやらこの状況ではダブルオーライザーのトランザムライザーしかないらしいが…。

で、今回最初からダブルオーライザーでの出撃ではないため(?)、オーライザーにパイロットが必要。
そこでサジが選ばれる。
刹那からこれは守るための戦いだと言われ、乗る事に!!

●トランザムライザー
ライザーシステムを全開放して撃つトランザムライザーとは巨大なビームサーベルのことだった。
ってイデオンソード並のこの巨大さは何よ!!
なんと言うでたらめな大きさだ

そーいやエンプラスに乗ったイノベイターはあっけなくやられていなしたな…。
あまりにもあっけなさ過ぎたな。
でも良く見返すとコイツが障害となってビームの軌道が曲がってしまったので、一応役には立ったってことで。

イノベイターの尊い犠牲(?)によって発射装置直撃を免れたメメントモリは角度は変わったが発射されます。
そしてそれが軌道ステーションをかすめます。
これが今週の悲劇の始まりでした・・・。

●軌道エレベータ崩壊
これによりピラーがオートパージを初め、ピラーが地上へ落下を開始。
上方部は大気圏突入時に蒸発するが、下部はそのまま地上へ落下する。

しかも落下予測地点には大都市が存在。
CBがピラーの迎撃に入るが、数が圧倒的に多いためすべてを破壊することが出来ない。
マリーがGNアーチャーに乗って助太刀に来るが焼け石に水。

そしてピラーが大都市へ向かう所へカタロンとクーデター派の機体、正規軍そしてカタロンが力をあわせてピラーを破壊する。
これにより何とか大破壊を回避することができた。

●悲劇
今回の惨劇に関してハーキュリーとセルゲイ会話している所へビームライフルが一閃。ハーキュリー機を撃ちます。
撃ったのはアンドレイ。
彼の怒りは収まらず、そのままセルゲイ機に向かって気ます。
アンドレイはセルゲイが反乱軍に寝返ったと勘違いし、ビームサーベルでセルゲイ機を撃ちます。

●セルゲイ…
死にゆくセルゲイが走馬灯に見たのは亡き妻との邂逅でした。
妻からアンドレイを頼むと言われたが、どう接すればよいか分からず理解を深めようとしなかったばかりに起きた悲劇。
ここに00世界で唯一の常識者セルゲイが死んでしましました。

って結局アンドレイとの和解することなく死んでしまったよ。
アンドレイはセルゲイが反乱分子じゃないと知った時、どう思うのでしょうか。
もう少し親子間で会話があれば、こんな悲劇は起きなかったんでしょうけど、本当に行き違いから生まれた悲劇ですねぇ…。

つーか目の前でセルゲイの死を見たマリーがヤバイかもしれないね。
これで眠っていたソーマ人格が表に出てきて打倒アロウズとかにならなければ良いけど…。

次回は軌道エレベータ崩壊4ヶ月後の話になるみたいですが、アンドレイは父の無実を知る機会があったんでしょうか?
ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

狼と香辛料BDとトロステ

狼と香辛料 Blu-ray Disc BOX (AA)が届きました。
s_w_BD.jpg


と、いうことで早速再度観賞しましたよ。
やっぱDVDに比べてBD画質は綺麗だなと思いました。
この高画質でホロの裸が見れるとは、感激ですな。(当然ながら乳首ないけど)

またホロとロレンスのこの2人やり取りは面白いですわ。
更にコロコロ表情が変わるホロは、声優の小清水亜美さんの演技も加わってホントに見て飽きないです。
アニメの2期も期待しています。

でもどうやらBD版致命的なミス画質劣化が起きて本来はないはずの縞が出てるらしいのですが、そこまで目が肥えていない私には全く分からなかったりします。


あと本日のトロステ。
1月1日にアンケートした結果が紹介されていました。
70%を超えると実現の可能性が最も高く、50%以下だと採用されることはまずないって事らいいです。
で、結果としては

一つ目のこんな企画があるといいな
torosute_20090201_1.jpg


7月に「どこでもいっしょ」10周年祭り、他のゲームとのコラボレーションが70%超えています。
この2個はそのうち実現するかも知れませんね。

もう一つこんな機能があったらいいな
torosute_20090201_2.jpg


こちらは70%超えはありませんでしたが、50%超えは3つありました。
巻き戻し機能は私も是非実装して欲しい機能ですね。
プログラムが大変らしいのですが、そこを頑張って欲しいですわ。

またテレビさんに声を付けて欲しいが50%超えいます。
これも是非付けてください。
もちろん声優は・・・ですよね?

と、いうことでこのアンケート結果がトロステに反映されると嬉しいですね。


気になった記事
個人ニュースサイト界隈で最も「情報元」になっているサイトTop30 (情報元:楽画喜堂さん)
私もここに紹介されているサイト様から情報を頂いていたりしますし。
しかしよくここまでアンテナを広げられるもんだなって感心します。

第233回「上も下も脱げちゃうんです!ネイティブ第4弾『桜坂琴音(おうさか・ことね)』デコマスレポ!」
これ口はもう少しどうにかならないのですかね。

【秋田】西又葵さんも駆けつけて「オー」 羽後町・萌えカレー先行販売会 (情報元:究極最終兵器2ndWeaponさん)
ここ最近西又葵さんの名前を聞く機会が激増しましな。

今日もやられやく:『ロザリオとバンパイア CAPU2』 DVD2巻のDVD版とTV版比較
また乳か!!


最後にセガプライズ ロザリオとバンパイア エクストラフィギュア 赤夜萌香の記事を紹介していただきました、フィギュアクリップ様ありがとうございます。
posted by マスオ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

かんなぎ DVD 3巻買ってきた

かんなぎ DVD 3巻(AA)買ってきました。
kannagi_dvd_3.jpg


今回は5,6話が入っています。
その中でもメインは6話のなぎとつぐみがメイド喫茶でアルバイトをしている所ですかね。

相変わらず下半身を中心にするカメラアングルは健在で、
ナギへの信仰が高まってステッキが光る時や仁や美術部メンバーがコスプレ喫茶に来ていて驚くつぐみのアングルが何故かカメラを下からなめるんですよね。
でも絶対領域は死守しているとこがまた憎たらしいぜ。
kannagi_dvd_3_1.jpg
kannagi_dvd_3_2.jpg


また今回は結構つぐみにスポットが当っていましたよね。
仁に電話で呼び出されたのでデートと勘違いし、ナギ来てが落胆する姿とか、ナギのフォローするつもりが逆に自慢してしまったり、コスプレ喫茶で臨時バイトしていた所、仁達を見つけ恥ずかしそうな表情をする。
声を当てている沢城みゆきさんの演技は本当に素晴らしいですわ。
kannagi_dvd_3_3.jpg
kannagi_dvd_3_4.jpg
kannagi_dvd_3_5.jpg
kannagi_dvd_3_6.jpg



気になった記事
ミカタンブログ:なんという大きさ((((゜Д゜)))!1/4スケール「高町なのは 水着Ver.」がやってきたお!
コミケ会場でも見てきましたが、本当に大きかったです。
これの対になるフェイトも出るみたいなので、合わせる為に購入しようかな。
追記:amazonでも早速予約開始されていますね。

foo-bar-bazさん:[レビュー] Gift セイバー (Fate/stay night) 「美しい衣装に身を包んだ,無敵のセイバーさん」
鎧の方は素晴らしいですね。
その反面、顔の出来はなぁ…その点が残念です。

アキバOS:スジがあっても恥ずかしくないもん!「ストライクウィッチーズ 宮藤芳佳」展示
なんか顔がのっぺりしている気もしないでもないな…。

またPS3版新作テイルズの偽情報が流れる
まあ今の所出ていないハードはPS3だけになってしまいましたしな。
まあいつかは出るかと思いますけど…。

GiGAZiNE:スペシャルサイズでも一安心、世界最大クラスのコンドーム「メガビッグボーイ」登場
パッケージがカッコ良いですな。
これにコンドームが入っているとは思えないぜ

にゅーあきばどっとこむ:声優・古谷徹が死去との噂が一時期ネット上で流れる
しかし何故こんなうわさがたったんだ?

アキバblog:肉棒を咥える「アマガミ」 水着ポストカード
このタイトル…。


<ニンテンドーDS>小学英語に導入へ 京都・八幡
効果があるんですなぁ。

最後にアール・ライン クイーンズブレイド 歴戦の傭兵エキドナの記事を紹介していただきました、フィギュアクリップ様ありがとうございます。
ラベル:かんなぎ
posted by マスオ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 「悲劇への序章」

ガンダム00 セカンドシーズン 第16話 「悲劇への序章」の感想を。

●セルゲイとハーキュリーの過去
彼らとはセルゲイの奥さんどうやら軍に入ったことからの知り合い見たいですね。
その頃から彼の軍人は常に利益と市民の安全を守るという考えは何も変ってはいなかった。
つーかセルゲイこの頃から7:3分けなのか!!

●アロウズの作戦
やはり大々的な報道がされているため、直接戦うのでなくオートマトンを放って来ます。
それ以外は特に動く気配がありません。
地上部隊も待機命令が下りそのまま、あのイノベータでさえ待機という状態です。

●アンドレイとハーキュリー
どうやらアンドレイが士官学校へ入学するために上層部へ口ぞえをしてくれた見たいです。
セルゲイの力を借りたくなかったということで、この頃既に母親は死んでいるみたいですね。
このセルゲイが母親を見殺しにしたという事件は後々語られるのでしょうか?

●セルゲイのはーキュリーの交渉
上司に呼ばれたセルゲイは連邦の意思を伝えるために、専用ティエレンタオツーに乗ってハーキュリーの下へ。
だかハーキュリーはもちろん交渉には応じない。
交渉は決裂したので、セルゲイを戻そうとした所、セルゲイはそれを拒否。
更に話をしようとした所、オートマトンが再来襲。

しかも今回はキルモードで投入。
人質ごと殺す気まんまんです。
ハーキュリーはそこも読んでいたようで、市民に少し痛みをもってアロウズが危険だと言うことを自覚してもらうため、
自分を捨石となりこんなクーデーターを起こしたようです。

ですがアロウズの情報統制は徹底されており、オートマトンが市民を撃ったのを、
クーデーター軍が市民を撃ったように見せて放映しています。

ただ事実を知っている市民を地上へ返せば、必ずここからアロウズの悪行が知れ渡ると願っているようですが…
ここまできっちりとした情報統制をしているアロウズに対してそうそううまくいくのですかね?

●ダブルオーライザーVSマスラオ
ここでやっと先週のCパートに移るわけですね。
トランザム発動でダブルオーライザー相手に互角の勝負をするブシドー。
でもマスラオのトランザムによる機体のGは人には大変きついらしく、ブシドー吐血してますよ。
一進一退の攻防が続いていた所へプトレマイオスからの増援で残り3機のガンダムが登場。

流石に1対4では分が悪い&擬似トランザムを使用すると当たり前ながらエネルギーの消費量が激しいみたいなのでここでブシドーは撤退。
あえて「覚えておけ」と言う台詞と共に。

しかしここで2人の思いは別々になりましたね。
片や純粋な戦いを望み、ひたすらガンダムを倒すことだけに命を燃やし今日まで生きてきた男と、最初の思いは同じだったが、それから変ろうとしている男と。
果たしてこの2人の決着はどうなることやら。

そーいやマスラオは流石に量子化までは出来ないみたいですね。(まあ出来ても困るけど)

●アロウズの狙い
アロウズが今回消極的だった理由が明らかに。
それはもう一つあったメメントモリを使用して反乱軍とカタロン諸共一掃するためだった…。

ってコイツまだあったのね。
確かにアロウズにとって邪魔な敵を一掃出来るから物凄く都合が良いんだろうけど、軌道エレベータごと壊す気なの?
そういう意味だとセルゲイが行ったのも偶然じゃないかもしれないな。(結構邪魔だと思われてそうだし)
ハーキュリーが今回アロウズの行いを知った6万もの市民の口を封じることは出来ないといっていましたが、
これ使えば6万の市民なんて一気に殺せますしね…。

で、次回予告。
なんかタイトルからして誰か死にそうだな。
一番はハーキュリーなんだろうけど、下手すればセルゲイも死んでしまいそうだ。

あとどうやら来週本格的にマリーが出撃するみたいだ。
サジも刹那の腕の負傷を考えれば、またオーライザーに乗りそうですな。
ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

ガンダム00 セカンドシーズン 第15話 「反逆の凱旋」

ガンダム00 セカンドシーズン 第15話 「反逆の凱旋」の感想を。

●先週のおさらい
マリナの呪いの歌から開始。
それでなくても00はキャラが多すぎるんだからここでサーシェス倒しておくべきなんだよな。

●ブリングを倒されて後のイノベイターの反応
不甲斐なさに怒りを覚える者、動揺する者と様々。
で、リジェネの立ち位置はどっちよりなんだろう?
なんか王留美がいつの間にかこっちにいて驚いたけど

●刹那とCB
マリナのいるカタロンの秘密基地へたどり着いた刹那。
マリナが駆け寄って来たところで気を失う。

またCBの方はカタロンから補給をもらうことに。
なんかアニューがライルのことも褒めていたけど、もしかしてカタロンと繋がっていることを気づいた?

一方ブリッジではセラフィムガンダムを出したこと話す。
そこでセラフィムの特性に気づいたかって話がでたけど、特性?
セラフィムが本体であるってこと?

●ハーキュリーとセルゲイ
どうやらセルゲイにも参加を促すために来たのではなく、目をつぶれということらしい。
そしてハーキュリーが去って何を思うか。
ここがセルゲイの分岐路な感じですね。
さて彼はどう動く。

●アンドレイとルイス
やっぱりルイスは軍人ではなく女の子として生きるべきという話をするアンドレイ
だけど全く聞く耳を持たれない。
まあ今の彼女に何っても無駄な状態ですからねぇ…。

と、そこへコーラの登場。
どうやら口説いているように見えたようなので、恋の手ほどきは俺に任せろって感じで来たのですが、
相手にされません。

●刹那の過去の夢
過去の自分の行いの夢(聖戦という名の暴力)を見る刹那
止めたかと思ったが、結局夢なので結果は変らない。
何故かそこにロックオン(ニール)が登場し、お前は変れと言われ目を覚ます。
個人的にはこのニールの言っていることの意味が良くわからない。

●マリナと刹那
なんか本来ならヒロインとイチャイチャタイムなんだろうけど
そこまで接点が無かった2人なので、ラブラブとは全く無縁でした。
そこにCBの位置を教えてもらい、ダブルオーライザーで出撃する。

●アロウズの襲来
やっぱ完全に位置がバレています。
これ何時原因が分かるんですかね。

で、今週の戦闘シーンへ。
まずはケルディムがトランザム使用して先手で狙い撃ち
ってトランザム使用すると射程が延びるの?(と、いうか精度が良くなるから結果的に射程が延びるってことなのかな?)

トランザムが切れた後はアリオス、セラヴィーが敵を殲滅する予定でしたが、新型のMAに苦戦。
つーか久々に活躍の場が訪れたのに、そのチャンスを物に出来ないとは…。
本当にアレルヤは駄目駄目ですな。

で、プトレマイオスIIに敵が迫る。
もう戦力はGNアーチャーしか残っていない。
そこでマリーが載る行って向かう。
やっぱ生き残るためには戦うしかないって事なのね。
と、言う状況に一報の連絡が

●クーデーター
ハーキュリーは軌道エレベーターを占拠。
流石にこれにはアロウズも撤退をするしかなく、勝ち戦でしたがやもなく撤退。
クーデーターに救われたCBでした。
と、いうことでマリーは今回GNアーチャーに乗ることはありませんでいた。(ピチピチのパイロットスーツがやけにエロかったけどな)

●マスラオの秘密
クーデーターの内容を知って軌道エレベーターに向けて進む刹那。
そこへマスラオが登場。
ビリーが言っていたシステムとはやはりトランザムのことでした。
驚愕する刹那、まて次回!!

って本当に擬似トランザム使えるのかよ。
エイフマンが独自で見つけたのか!!凄すぎる。
リボンズなんて目じゃないぜ。
彼が生きていればアロウズもトランザム搭載機体が量産出来たのに、惜しい人を亡くしたものですな。(アロウズ入りしたかは分かりませんが)
ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

ガンダム00 セカンドシーズン 第14話 「歌が聞こえる」

ガンダム00 セカンドシーズン 第14話 「歌が聞こえる」の感想を。

まず、今回から新OPですね。
最初は微妙な感じでしたが、ずっと聞いているとOPの映像と物凄くマッチしてきて、ありじゃないかって思ってしまう…。
つーか今回はOPから裸祭り開催ですよね。
フェルトの谷間が…
でも何故にマリーがいないですな。そこ変わりにアニューがいるんですよね。
これがなんか意味あるんでしょうか?
またサジとルイスのあのシーンは夢で終わってしまうのか?
いろいろ気になりますな。

●刹那置いてけぼり
メメントモリ攻略後、疲弊しているプトレマイオス2へイノベーターの猛攻。
さすがにこれを凌ぐ事はできず、命からがら地球へ降りる。

その頃刹那が合流地点へ向かうとそこにはプトレマイオス2の一部破片が残っているだけ。
困惑している刹那の所へネーナが登場。
プトレマイオス2が地球へ落ちたことを知り、ネーナには目もくれず後追おう。
つーか00は単独で大気圏突入可能か。(まあエクシアの時点で単独で大気圏突入してたもんな。)

●セルゲイとハーキュリーその後
わざわざセルゲイに会いに来たのは連邦政府内でクーデーターの可能性があること伝えに来たようです。
と、いうかこいつ自身がクーデータの仕掛け人の模様。
ようはセルゲイに参加を促すためにきたって言ですね。
セルゲイはこれを受けるのでしょうか?

●おやっさん
おやっさんが治療から復帰。
起き上がったら重力があることを不思議に思って、外見たら何故か大自然の中。
そりゃ「何じゃこりゃぁぁぁぁぁぁ」って言いたくもなるよね。

●アニューとライル
カタロンに現状報告をするライル。
そこへアニューが登場。
なぜアロウズが自分達をあそこまで正確にわかるのか、疑問におもっているようです。
…多分あなたが原因です。
やっぱ無自覚なイノベイターなんだろうな。
それを知ったら彼女はどう思うだろうか…。

とりあえずアニューとライルはよい感じになっているんですけど、
こんごどうなることやら。

●サーシェスと刹那。
プトレマイオスを探している刹那の前にサーシェスが載ったアルケーガンダムが登場
戦闘するのではなく、刹那をどこかへ誘導させていきます。

●その頃のマリナさん
カタロンでは連邦の一部でクーデターを企てているのを知り、
カタロンとの接触を図ろうとしているのを知る。
そこでクラウスが参加を表明。
そこにマリナとその子供達が作成したた歌が聞こえてきます。
つーかこの歌が後々まで影響を及ぼすわけですが…。

●刹那とリボンズ
サーシェスがつれてきたのはクルジスだった。
そこにリボンズが登場。
そして自分が0ガンダムのパイロットだったことを告げる。
そして00は自分のだから返せというのだが、もちろん刹那はこれを拒否。
腕を撃たれ、そのままサーシェスとの戦闘になります。
腕を撃たれてながらも善戦します。
ファングを必死でおう刹那の目が凄いことに。

●ついにセラヴィーの秘密が
一方プトレマイオスの方でもイノベータの奇襲を受け、アリオスとセラヴィーが出撃。
アリオスはさりげなくGNアーチャー(中は無人)付いた状態での出撃ですな。

セラヴィーとガデッゾの戦い
セラヴィーの砲撃を掻い潜り懐に潜り込むガデッゾ
ピンチと思ったとき、腕と隠し腕でガデッソをつかむ。
そして、背中が分離!!
名をセラフィムガンダムというようです。
ってやっぱ後ろが分離出来たんですな。
かなりスマートな体形で、こっちの方が本体なんでしょうね。
で、ガデッゾのGNフィールドを突き破って、GNランチャーを発射し撃退します。
と、いうことでセラヴィーのギミックが分かったわけですが、OPだとなんか赤い十字架の線が
出ていたりするので、まだ何かありそうですな。

●呪いの歌
サーシェスは連邦クーデター派との会議に臨むカタロンのシャトルを人質に取ろうとしたが、
ダブルオーライザーが量子化して一気に懐へ。
有利に進め後一歩と言うとき、いきなり歌が聞こえてきます。
それはマリナと子供達が歌う歌でした。
今回はこの歌のままEDに入ります。

…ってなんかマリナさんVガンダムのシャクティ並に空気を読まないことしているんだ!!(まあ歌が聞こえたのはダブルオーライザーのトランザムが原因の可能性が高いけどさ)
で、サーシェス殺さないのは後々の為なんだろうけど、他にもキャラはいるんだしホント消化しきれるのだろうか?

●ルイスとブシドーの新型
ルイスは今度MAに乗るようです。ホント、このままカテジナ化にならないことを祈ります。
MAだからどちらかというとララァ化か。
つーか今回やられたブリングが出てくるんだけど、これ時系列的に過去?

またブシドーの新型マスラオ
アヘッドとフラッグの中間って感じです。
隠し玉があるみたいですが、やっぱ擬似トランザムって感じなんですかね?
とにかく来週早速出てくるはずなので、楽しみですわ。

で、ビリーもルイスに続き吹っ切れたようで…。
ホント、人間関係ドロドロだな
posted by マスオ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

ガンダム00 セカンドシーズン 第13話 「メメントモリ攻略戦」

ガンダム00 セカンドシーズン 第13話 「メメントモリ攻略戦」の感想を。

●カタロンVSアロウズ
まずは前回の復習も兼ねて、カタロンの宇宙艦隊がメメントモリを壊しに行きますがアロウズ&イノベイターのヒリングinガデッサの前に全滅寸前。

そこへ刹那が乗るダブルオーライザーが登場。
最初からダブルオーライザーで出撃する場合はオーライザー側に人が乗っていなくても良いのね。(ハロが乗っているのかも知れないけど。)

うまくヒリングを誘い出します。

●男の嫉妬と女の嫉妬
リボンズの所から帰ってきた王留美。
リボンズに叩かれたことを紅龍に聞かれ「男の嫉妬は見苦しい」という。
その様子を見ていたネーナが「女の嫉妬も見苦しんじゃない」と、CBにメメントモリの情報を与える。
やっぱそろそろこのホットラインに亀裂が発生してきましたね。

●メメントモリ攻略戦の戦術
ネーナからもらった情報を元に戦術を考えるスメラギ。
結局の所、死角から突っ込んで電磁場光共振部をピンポイントで破壊すると言うものですけどね。

●マリーとサジ
オーライザーに乗せてもらえなかったサジ君は本日はお留守番。
そこでマリーからルイスがアロウズのMSパイロットであることを改めてしらされます。
やっぱ今後はルイスとの交信をするためにオーライザーに乗り込むのかな?

●メメントモリ攻略戦
予定通り突っ込んできたプトレマイオスII。
だが敵の攻撃を受け、メメントモリの射線軸上に押しだされる。
そこへメメントモリの攻撃が来る。
やられたかに見えたが・・・

じつはアリオスのトランザムを使用して逃れていた…と。
アレルヤ「トランザム」
最近喋る回数が減っているアレルヤさんの言葉です。

だがアリオスのトランザムを推進部にすべて使用しているためGNフィールドが使えないプトレマイオス。
このままでは蜂の巣になるのかと思いきや…ここでケルディムのシールドビットが登場!!
その名の通りケルディムの一パーツが空間に浮遊し、シールドの役割を果たします。
つーか今までビットはオールレンジ攻撃のみですが。00ではオールレンジ防御と言う奴ですか。
敵の攻撃によってビットを集めて大きさを変えるというピンポイント防御でアロウズの猛攻を防ぎます。

そしてこちらの射程に入ったところでセラヴィーのハイパーバースト完全開放で攻撃し、プトレマイオスのGNミサイルを撃ち込みます。

で、これで破壊…できず作戦は失敗か?と思ったら、元々これも作成のうちのようで、最後はケルディムのピンポイント狙撃でコアを破壊。
ライルの「狙い打つぜ」がやっぱニールとは違った口調になっている所が感心しました。
そーいやこのシーン、フェルト以外はみんなロックオンって言っていましたね。
やっぱフェルトの中ではロックオン=ニールなんでしょうね。

メメントモリを無事破壊。
その破片がアーバ・リントの乗る戦艦を直撃。
たぶん死亡ですよね。
敵としては良いキャラクターでしたが…。

●セルゲイとハーキュリー
地上からメメントモリが落ちたことを見つめるセルゲイ
そこへパング・ハキューリが尋ねてきます。
セルゲイも知り合いのようですし、またセルゲイの異名を知る彼は何者でしょうか?
今後は正規軍の中でもいろいろと動きが出てきそうですね。


しかしホント最近のアレルヤは出番が無いな。折角ハレルヤが復活したというののにねぇ…。
このままGNアーチャーが本格起動するまで出番はないのか!?
ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

ガンダム00 セカンドシーズン 第12話 「宇宙で待っている」

ガンダム00 セカンドシーズン 第12話 「宇宙で待っている」の感想を。

●前回の復習
と、いうことで今週は11話Cパートの裸祭りから開始。
ダブルオーライザーでトランザム使うと毎回こんな事になるのかな?

●ダブルオーライザーVSガラッゾ
ダブルオー時にはあっけなくやられてしまいましたが、今度はダブルオー100%の力が出せのもあってか一方的に倒してしまいました。
つーかガラッゾ出てきて早々に破壊されたな。(まあ中の人は脱出しましたけどね)

●今週のコーラ
ケルディムを後一歩の所まで追い込んだのですが、ここにダブルオーライザーが登場し場を乱され、ケルディムのパンチをまともの受けて退散。
その後出てきませんでしたが、無事に帰還できたんですかね?

●ダブルオーライザーVSガデッサ
ダブルオーライザーの次はガデッサ戦。
プトレマイオスIIをGNランチャーで狙っていることが分かり、そちらへ向かうダブルオーライザー。(ダブルオーライザーでトランザム使うとニュータイプ見たいな状態に慣れるんですな。)
ガデッサが立っているデブリごとビームサーベルで斬りつけます。

これを交わしたガデッサがGNランチャーがダブルオーライザーに向かって発射されるがこれをうまく交わし懐へ。
そこへガデッサのビームサーベルが迫りダブルオーライザーを突いたと思ったら、ダブルオーライザーは量子化しこれを避けました。

ってなにこのチート機能。
しかもその後実体化して敵を斬り付けれるし。
最強すぎだろ。

で、流石にこれはリボンズも知らなく、かなり驚愕してました。

ガデッサがやられた為、アロウズは撤退していききます。

●ルイス
サジがSBにいる=SBは両親の仇=サジも敵
と言う認識にあっさりと切り替わったルイス。
つーか本当にカテジナ化しそうで怖いわ。

●戦闘後
ルイスがアロウズにいる事をしり、うなだれるサジ。
そこへ刹那がきて、ルイスを取り戻す為に戦えという。
だが自分は人殺しではないといってサジに殴られる。

でも刹那自身はアロウズからルイスを取り戻どそうとする気満々のようです。サジには自分と同じ目にあって欲しくはないと言う感じなんですかね。


●アンドレイとルイス
アンドレイがアロウズにいるべきではないと発言するが、これにルイスは無視する。
両親の仇を取る事しか考えてはいないんでしょうな。

●メメトモリ再発射
2発目が発射。
周りの一般市民何ぞお構いなくぶっ放しています。
こんなんで秩序とか言われても、そりゃ反対組織が出来上がるわけですよ。
しかも正規軍の方にも緘口令を出せと命令が出てくるし。
これはセルゲイ離反フラグ立つ?

●サジの暴走
メメントモリの2発目が発射されたことで、これを破壊しに行くことを知ったサジは、ルイスにあえなくなる事にあせりを感じ、オーライザーで抜け出そうとする。
しかし、以前同じようなことをして自分のせいでカタロンアジトを壊滅させてしまったことを思い出し、その場でうなだれる。

またこいつ勝手に動くのかと思ったけど、流石に今回は自粛しました。
まあ自分のやった行いのせいで大惨事になったことを嫌と言うほど知っているので、流石に慎んだみたいです。
少しは成長したってことなのかな。

●一方のルイス
サジがそんな状態ですが、逆にルイスはドライです。
サジがSBにいると分かり、親の仇と分かったため、ためらいもなく携帯にあったサジとの記憶データを消してしまいました。
いつまでも根に持つビリーとは大違いですな。
こういう時って女の人の方がドライに行動できるってことなんですかね。

●メメントモリ攻略戦
カタロンの宇宙艦隊がメメントモリを破壊しに行ったら、メメントモリは地上だけではなく宇宙でも使用でき、カタロンの宇宙艦隊はあっけなく全滅。
SBがメメントモリへ向かっていく所で終了。
次回はメメントモリ破壊作成って事になるみたいですね。

しかしルイスの気持ちの切り替えの早さには驚きました。
いろんな意味でこの割り切りは凄いと思います。
今回は男と女の考え方の違いが顕著に出た回でもありましたね。

そーいや今回はいろんな人が殴られた回でもあったなぁ…。
ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

かんなぎ DVD 2巻 買ってきた

かんなぎ DVD 2巻買ってきました。
kannagi_dvd_2_1.jpg


今回はナギの制服姿とさんげちゃんが登場です。
やっぱ何回見てもこのプラカードの書き方はまずいよね。
kannagi_dvd_2_2.jpg


夜の街中でこんなプラカード掲げて、ミニスカートタイプの服なんて着ているから絶対違う意味と捉えられるって!!

ついでに4話のナギと仁の食い物がねぇ…。フレンチドレッシングご飯、おいしん棒かけご飯、おいしん棒ロール、ソースかけご飯、ソースかけパンといろいろと不味そうだ。
ごはんと味噌汁だけでも十分に食べれるのに…。

で、その惨状現場につぐみが登場する訳ですが、この回のつぐみはけなげでかわいいですよね。
kannagi_dvd_2_3.jpg


仁の為に料理を作ろうとしたりして(たまごやきとおひたししか出来ないけど)、まあアニメや漫画だとこの手の幼馴染の子って報われなかったりするのが多いので、つぐみにはがんばってもらいたいですね。

しかし今更だけどナギといい、ざんげちゃんといいこのアニメの神様は下半身の露出部分が多いですよね。
しかもあいてそこを見せ付けるかのようなローアングルなカメラ視線があったりするし。

あと初回限定版にはOUT限定版が付いてきます。
kannagi_dvd_2_4.jpg


でもさこれをしっかり知っている人て結構年いっている人だよね。(自分もこういう雑誌があったかな程度にしか覚えていません。まあ時期的に雑誌を買うまでアニメにハマッていなかったって言うのが大きいのかもしれないけど)
ホントまた凄いのを持って来ましたな。



話し変ってボークスから出るモエコレの新作「高町なのは」「八神はやて」「フェイト・T・ハラオウン」の情報が掲載されていますね。
フェイトがエロカッコ良くて個人的にはこれだけ欲しいのですが、買えるのかな。
1月1日ってネット使える環境にいないので、通販隊頼みなのですが、なかなか繋がらないというイメージしかないんですよね。またコミケ会場だと3体同時購入しかないみたいだし…。
ラベル:かんなぎ
posted by マスオ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

ガンダム00 セカンドシーズン 第11話 「ダブルオーの声」

ガンダム00 セカンドシーズン 第11話 「ダブルオーの声」の感想を。

●メメントモリ
とりあえずセルゲイは生きていた。
ここで死なれても彼にはまだいろいろやってもらわないといけないことがあるからねぇ…。

また先週視聴者を驚かしたハレルヤの復活ですが、何事もなかったかのようにアレルヤに戻っていました。
しかもアレルヤにはハレルヤが生きていた意識がない模様。
もしかすると今回は完全に別意識になったりするんですかね?

●ネーナ
先週サーシェスと再開して、兄の仇を取ろうとしたところ、逆に捕まっていましたが、どうやら殴られただけですんだ模様。
でもどう見てもグーで殴られています。
流石サーシェス、女にも容赦がない。

また王留美に対してもイノベータと繋がっていることに不満を持っている様子。(どちらかというと、兄を殺したサーシェスがいる組織と繋がっているという事に不満があるみたいですけど)
もしかして離反フラグ?

●アニューはやっぱり…
リヴァイヴがラグランジュ3を発見する為に行ったのは、やっぱアニューの脳量子波に干渉したんでしょうね。
アニューはどうやらイノベイターに間違いないと思うのですが、本人は人間だと思っているんでしょうね。
でも脳量子波への干渉が出来るので、結果的にスパイの役割を担っていると…。
つーかプトレマイオスに乗ってしまっているで、位置がもろバレになると言うことか。

●ラッセ
やっぱ1期の最後で身体に深刻なダメージがあったってことですかね?
なんか死亡フラグ立ったな…。

●ジニン大尉
そんな死亡フラグを立てたもう一人。
そんな戦闘開始前に家族のこと話したら、完全に死亡フラグだって…。

●アロウズの強襲
アニューの脳量子波干渉の結果プトレマイオスの位置が分かり強襲を図るアロウズ。
つーかこのシーンのアヘッドの登場がカッコよかった。

強襲を受けてガンダムが応戦するが、00はスモッグ弾に動きを封じられ身動きがとれず、アリオスはラグランジュ3からへの脱出艇の護衛、
セラヴィーはガラッゾに苦戦。
つーか最近全く良い所がないセラヴィー。
そろそろ真の姿(あるのか?)を出して強い所を見せて欲しい。

●オーライザー発進
ガデッサのGNメガランチャーが第三格納庫に直撃。
イアンとの通信が途絶えたため、サジが見に行くことに。
イアンは生きていたが、オーライザーへ乗れる状況ではない。
そこでイアンの変りにサジがオーライザーへ乗ることに。

つーかここで後から来たマリーが乗らないということはやっぱ彼女はGNアーチャーに乗るって事なんでしょうか?

●ダブルオーライザー始動!!
今週の最大の見所。

やっぱ危機状況で合体し、打開するというシチュエーションは燃えますな。また00の起動時と同じく静止画では今一な感じだったのですが、動くとカッコよいわ。

これでツインドライブ本来の力を出せるようになった00。
動きが一気に早くなり、追いかけてきたジニン大尉のアヘッドをデブリ一周して追いつき、一閃。
ジニン大尉が!!
あんな所で死亡フラグ立てるから…。

その後ガラッゾが出てきた為、トランザム起動!!

●ゼロの領域(違う)
ダブルオーライザーがトランザムを使用した瞬間、刹那、サジはなんか別空間にワープ。しかもなぜか裸。
ここは意識空間とかそういう感じなんですかね。
そこで他のパイロットの声が聞こえます。

その中にルイスの声が!!(もちルイスも裸)
ついにサジとルイスが出会うことが出来ました。
戦場でしかも敵同士という最悪な状態で。
最後に2人の台詞がハモリます。
「どうしてここにいるんだ(の)!!」

と言う感じです。
つーかダブルオーライザーがトランザム使っていきなり変な空間に入ったのを見た瞬間、サイバーフォーミューラーのゼロの領域だって思ってしまいましたよ。
意識空間という形なのでみんな裸何でしょうけど、ルイスも裸でおっぱい祭り開催ですよ。

今後も女性パイロットが出てきたら定期的にこの領域に突入して欲しいですわ(おい)
ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

ガンダム00 セカンドシーズン 第10話 「天の光」

ガンダム00 セカンドシーズン 第10話 「天の光」の感想を。

●スメラギの過去詳細
先週の回想の詳細ですな。
どうやらカティの方がもともと戦術予報士として名が売れていて、それを追う形でスメラギも戦術予報士となったのね。
しかしビリーってスメラギより5歳年上なのか!!

●今週のマリナさん
カタロンの人たちはなんとか連邦が中東に手出しが出来ないようにするためにいろいろ画策中。
戻ってきたシーリンにアザディスタンのその後を聞くが良い返事は返ってこない。
逆に国を取り戻す為、戦えといわれるが、戦いは新たなる戦いを生むと言いそれを拒否。
今後の彼女の動きはどうなるんですかね。

●新型MS
イノベイターの新型MSの登場。
アリオスとセラヴィーは修理中なので00が先行して戦うが逆に翻弄される。
この敵GNフィールドまで装備しています。
イノベータはベータへのアクセスが出来るからGNフィールド発生MSの作成も簡単に出来る見たいですね。

で、散々実力を見せ付けた後、撤退します。
このパイロットのブリングは無口キャラのようです。

●ラグランジュ3
プトレマイオスを待っていたのは先に宇宙に上がっていたイアンとその妻リング・ヴァスティです。
そのリング・ヴァスティを見てサジとアレルヤが
「若い」
「犯罪ですよ」

…いや確かに娘のミレイナは14歳になっているから、イアンとの年の差を考えても20代で娘を産んでそうですな。
そう考えると最大20歳ぐらい年の差あるってことか。
イアンもロリコンだったのか!!

●アニュー・リクーナー
CBが活動再開後にスカウトされたと言う彼女。
王がスカウトしたと言うことらしいですが…髪の毛とか見ているとやっぱ彼女ってイノベイター?
と、言うことはスパイなのかな…。
だけど照れている顔はかわいかったぞ

●オーライザーとGNアーチャー
どうやらオーライザーにはツインドライブの制御とトランザムの増幅機能が備わっているようです。
やっぱこんなのでツインドライブが制御できるんですかね?
どういう原理で制御できるのか分からん。

●ダブルオーライザー
00とオーライザーの起動実験が開始。
同調したら想定の出力を軽く突破。
つーかどんだけあがるんだ&想定よりあがってしまって機体は大丈夫なの?
結果は次回へ持ち越し

●メメントモリ
これはまた大きな大量破壊兵器ですな。
やっぱ恐怖政治にはこの手の大量破壊兵器はインパクトありますしね。

●セルゲイ!!
もしかして死亡?
しかし今回の配置を考えると、セルゲイはいろいろ厄介なキャラだったので、一緒に始末した…と考えるのが妥当ですが…。
死んでいないよね?

●まさかの
で、今週の一番ビックリ事項
ハレルヤの復活!!
しかも寝てたってあんた。

つーかハレルヤ復活したら、ますますアレルヤがいらない子にならないか?


とりあえずハレルヤ復活でHGアリオスが売れること間違いなしかな(?)
ダブルオーライザーの実力は来週明らかになるみたいですね。
00初登場時のような活躍を期待!!

ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」

ガンダム00 セカンドシーズン 第9話 「拭えぬ過去」の感想を。

●VSサーシェス
アルケーガンダムの圧倒的な強さに圧倒されるダブルオーとセラヴィー。
1期からこいつの強さは半端なかったからなぁ…。
セラヴィーが"隠し腕"を披露してビームサーベルで斬ろうとしたが回避され逆にアルケーガンダムの隠し腕で返り討ちに。
つーか2機をビームサーベルで止めている格好が凄すぎ。
まあいろいろな所にビームサーベルをもっているのは1対多でも動きを止めさえすればファングで叩けるからなんでしょうな。

●ルイスとアンドレイ
先週ルイスについて何か感じたのは、左手の事だったのか。
つーか彼の台詞ってホントにセルゲイと似ているよな。
流石は親子。
ルイスは刹那がCBのメンバーだと言う事を知る。
まだ00のパイロットだという事までは知らないけど、今後どうなることやら。

●CBメンバー
刹那はサジにルイスに会ったことを告げる。
物凄く嬉しそうなサジだけど、アヘッドに乗ってCBと戦闘していることを知ったらどう思うやら。
またライルはティエリアに兄・ライルを倒したサーシェスについて問いただす。
そんな中イチャイチャぶり&空気化を発揮するアレルヤ…。

●ビリーとブシドー
うっかり口を滑らせてブシドーの正体を視聴者にバラしてしまいそうになるビリー。
うっかり過ぎるぜ。
ミスターブシドーは決してXXXXじゃない!!
つーかミスター・ブシドーって名前本人気に入ってないのかよ!!
で、ここに来た理由としては新型をブシドー用にカスタマイズして欲しいことだった。
新型の一部が見えるけど、やっぱフラッグ系の新型?

●CB包囲網
アロウズの包囲網突破&宇宙へ脱出するために3機のトランザムを使用して浮上するプトレマイオスII。
つーかガンダムのトランザムってプトレマイオスとの連動も出来るのか!!
アロウズの第1陣の反撃は軽く突破。
だけどアロウズもある程度までは考慮していたため、宇宙に出てからも攻撃の手は緩まない。
だけど、それはCBにとって予測範囲以内。
大気圏突破と共に出していた00で敵戦艦をあっけなく撃破。

あ、ちなみにコーラはやはりコーラでした。

●カティ・マネキンとスメラギ
カティ・マネキンから暗号通信がプトレマイオスに届く。
やはり今回の戦術によってCBの指揮官はスメラギであることを確信したんですね。
スメラギはカティ・マネキンと聞いて忌まわしい過去から逃げられないことを知るのでした。

つーか学生時代のカティ・マネキン、なんかリジェネに見えるんだけど(笑

●オーライザー
Cパートで初お披露目。
つーか未だになんでこいつと合体しないと00の真価が発揮出来ないのだろうかが良く分かりません。
そのうち劇中で説明してくれるのかな?

●次回予告
早くもブシドーの新型来る?




ラベル:ガンダム00
posted by マスオ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

かんなぎ DVD1巻とフラワーマグネットレリーフ

かんなぎ DVD 第1巻買ってきました。
kannagi_dvd_1_1.jpg


ソフマップで購入してきたので、店舗特典として下敷きが付いて来ました。ソフマップはグレンラガンのコスプレをしたなぎとざんげちゃんの絵柄です。
kannagi_dvd_1_2.jpg


ざんげちゃんの胸を覗き込むなぎの表情が良いですね。
確かにこの2人がコスプレするならこの格好が一番良いですからねぇ。
しかし何処の店の特典の絵柄にすらなれないつぐみ…。

さてDVDの方ですが、アニメ1,2話が入っています。
足フェチの方は是非ともナギ様の足をご堪能ください。

つーか見直して思ったのですが、2話ってむちゃくちゃ動いていたんですな。今見返すと動きすぎてキモイわ。

またメニュー画面がギャルゲー風になっていて笑った。
kannagi_dvd_1_3.jpg
kannagi_dvd_1_4.jpg
kannagi_dvd_1_5.jpg


個人的にはこういう無駄な所に力を入れるのって好きです。
もっとやってください。

しかしどうせならブルーレイ版も同時に出て欲しかったな…。
って発売されるのかって言うのもあるけどな!!


アフタヌーン 200901月号買ってきました。
今月号から3ヶ月連続で「ああっ女神様」のフラワーマグネットレリーフシリーズが付録として付いて来ます。

今月号はベルダンディーです。
afternoon_200901_1.jpg afternoon_200901_2.jpg

afternoon_200901_3.jpg afternoon_200901_4.jpg


出来自体は悪くないと思います。
ただ顔がちと似ていないって感もありますねぇ…。
なんかこれを見ていたら急にアニメ「エスカフローネ」のキャラを思い出したんですけど(笑

しかし久々にアフタヌーン買ったら自分がほとんど知らない漫画ばかりになっていて驚きました。
蟲師って終わってしまっていたのかorz。
ラベル:かんなぎ
posted by マスオ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

ガンダム00 セカンドシーズン 第8話 「無垢なる歪み」

ガンダム00 セカンドシーズン 第8話 「無垢なる歪み」の感想を。

●イオリアの計画
第1段階がCBの武力介入
第2段階がアロウズのよる人類意思の統一
第3段階が人類を外宇宙に進出させる

と言うことらしいですが、実際は第1段階を詰めてしていた模様で、第2段階と推進めているのはリボンズ。

やはり無用に混乱を招きたくなかったからなのか?
それとも武力介入で人類の共通の敵を作り意思統一をしたのかったのか?
まだまだ真意は分かりませんね。

●貧乏マリナ・イスマイール
ついに子供からお菓子を恵んでもらいまでに…。
ホント彼女に明るい未来はあるのか?

●不死身のコーラサワー
ついにコーラの登場。
ノリがいつものノリでよかった。
これこそが彼だよな。

●支援機の完成
ついにオーライザーとGNアーチャーが完成。
オーライザーはサジが乗るらしい(?)けど、GNアーチャーは誰が乗るんだろうか?
いくらアリオスの支援機だとはいえ、マリーが乗るってことはアレルヤ的にさせないだろうからなぁ・・・。

●舞踏会
今回一番の見所。
つーかティエリア本気で女装かよ。
しかもじゃべっている時の声は何処から出している?
で、親玉のリボンズとの対面。
で、他のイノベーターと対立を決めたティエリア。
更に新たなるイノベーター"ヒリング・ケア"の登場。
今後の彼らと戦いはどうなることやら。

●刹那とルイス
ルイスの手にはサジが渡した指輪が!!
アロウズに入ってもサジのことは忘れていななかったみたいですね。
その左腕を見て、サジが言っていた大切な人って誰かを知る刹那。

謝った途端にルイスが苦しみだしたけど、これってティエリアがリボンズから逃げ出した時にでもでた脳量子波がルイスに入り込んだから?

アンドレイがクスリを見て何か感じたみたいだけど…やっぱルイスは脳量子波改造を受けているってことなのかな?
じゃなければソーマ専用アヘッドに乗れないか。

●絶望ビリー
いろんな意味で人生をめちゃくちゃにされた刹那(CB)に対する怒りが物凄くこめられた顔していました。
彼はこのまま絶望街道まっしぐらなんですかね…。

●ぎっちょん
最後にアルケーガンダムに乗って現れる、サーシェス。
2期はライバルが刹那じゃなくロックオン(ニール)の仇になるティエリアになりそうですな。

posted by マスオ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

ガンダム00 セカンドシーズン 7話 「再開と離別と」

ガンダム00 セカンドシーズン 7話 「再開と離別と」の感想を。

●結局撃てなかった沙慈
まあここで撃ってしまったら下手したらルイスを自らの手で殺してしまうと言う、完全に再起不能あ状態になってしまいますからねぇ。
でも、生半可な決意は逆に見方を殺す可能性もあるわけで…。
まだまだ彼の苦悩は続きそうです。

●刹那VSミスター・ブシドー
流石は00のツインドライヴ。トランザム使用した瞬間、圧勝し始めた。
でもむりやりトランザム使用したのが原因で制御不能になる。
そんな状態を見て情けをかけるミスター・ブシドー。
彼は万全でない機体とやり合っても仕方ないみたいだ。
流石は武士道。
他のアロウズのメンバーは折角ガンダムを落とせる状態だったの、倒さないことに不満を持っていたが、そんなのお構いなし。
今後、彼の居場所が狭くならないと良いけど…ってもともとも居場所は狭かったから問題ないか(笑。

●ソーマ・ピーリスVSアレルヤ
今週のメインの人達。
とにかくマリーを助けたい一身のアレルヤ。
アリオスが壊れようとも、ソーマ・ピーリスの機体を離さない。
そして2人ともどこかの島へ不時着。
つーかアリオス壊れすぎだろ。2期になって戦闘においてはアレルヤ全くいいところないですね。

●アレルヤとソーマ・ピーリスの救助
CB側は00が動かない刹那を抜いて、ケルディムとセラヴィーが出動。
アロウズ側は捜索打ち切り。
ルイスが探していたのですが、ソーマ・ピーリスまでいなくなったことに対して更にガンダム逆恨みが増しそうです。
ホント、第2のカテジナ化だけはならないか心配ですわ。
その代わり正規軍のセルゲイが探しに。

●00のメンテを手伝う沙慈
刹那と話す沙慈の顔が精神的に参っている感じです。
そろそろヤバイのでは?

●アレルヤとマリー
不時着した島で、マリーの安否を心配するアレルヤ。
でもソーマ・ピーリスとしてアレルヤと戦おうとするのですが、突然倒れる。
どうやついにマリーの人格が表に出てこれたみたいです。

●マリー・パーファシー
別の人格を植えつけられたので、こっちが素の彼女なのでしょうけど。
全然違うぜ!!
喋り口調までおしとやかになってなんとまま…乙女ですな。
セルゲイが言っていた「乙女」発言は間違っていなかった。
でもどうやらソーマ・ピーリスはあるみたい。
そしてアレルヤが逃げ出した後、それぞれの話をする。
マリーの方は別の人格ソーマ・ピーリスを植えつけられ超兵としてMS載りに。

●機関を脱出したアレルヤ達に待ってたもの
脱出したは良いけど、行く当てもなく宇宙漂流…。
なんで当たり前ながら食料が尽きて…そこからはまあそりゃ生き残るためにバトルロワイヤルが開催されますわな(実際はハレルヤが一方的に虐殺したみたいだけど。)
ここでハレルヤが覚醒したのね。

●お父さん登場。
そんな話をしていた所へセルゲイ登場。
CBであるアレルヤに向けて銃口を向けるセルゲイ。
自分がマリーであることをセルゲイへ話す。
またアレルヤはセルゲイに向かってマリーは絶対戦いに参加させないと話す。
そんなの信用できるか(彼からすれば敵のそんな言葉信用出来るはずないので)と言うことで引き金を引こうとする。
そんな状態をみてアレルヤは自分を撃てという。
ただしマリーを2度と戦いに巻き込まないと誓って欲しいと。
そして銃声が・・・。

●そして
銃は空に向けてはなられた。
「たった今、ソーマ・ピーリス中尉は名誉の戦死を遂げた」と。
そして1期にあったステーションの救助活動の礼をアレルヤに言う

・・・ってセルゲイ物分り良すぎる。
アレルヤに向けて銃を撃ち、マリーが間に割って入って来た時は、最悪の展開を予期したんですが。そんなことはなかった。

そして最後にマリーから
「私の中のソーマ・ピーリスがこう言っています。 あなたの娘になりたかった、と」
セルゲイ、キミは泣いて良いんだ。

その後救助にきたケルディムにも彼らの居場所を伝え去っていく…。

ここまで漢なキャラはなかなかいませんね。
だけど今後の彼の立場は大丈夫なのでしょうか?
その点は心配です。

●ロックオンは見た!!
つーかもうキスしているよ!!
あとCBクルーの反応が面白すぎた(特にスメラギさん)

●今週のマリナ
ついに姫ですらなくなってしまって、ただの貧乏娘へ。
つーか歴代おガンダムヒロイン(なんだよね?)でここまで不幸なキャラって彼女以外いないだろ…。

●最後に
ついにティエリアがリジェネと対面。
さてどうなる?
なんか次回予告でティエリアらしい人が女の服着ていたみたいだけど・・・。

つーかこんな早々にアレルヤ関連の話が終わるとは思っても見ませんでした。
このネタ終わるとアレルヤやることなくない?
それでなくてもハレルヤいなくなって弱体化しているのに(アリオスもやられまくっているし)。

つーかセルゲイの今後の安否が怖い。
最後まで生き残ってほしいですわ。
posted by マスオ at 07:54| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

ガンダム00 セカンドシーズン 第6話「傷跡」

ガンダムOO セカンドシーズン 第6話の感想を。

先週襲撃されたカタロンのアジトからスタート。
ひどい惨状となっています。

誰がアジトの情報を漏らしたのかと言う話になり、CBに白羽の矢がたちます。
ロックオンがなだめるのを見ながらだれがやったのかを考えるティエリア。
その視線の先に沙慈が!!
沙慈の様子がおかしかったので問い詰め、沙慈が原因でカタロンのアジトがばれた事を知り、
無自覚な悪意の結果がこの惨状だと諭します。

ということで、かなりショボーン状態の沙慈。
ティエリアの言うとおり今回は完全に沙慈が原因になっていますからねぇ。
とりあえずCBでこのとこと知っているのはロックオンを除くマイスター3人だけみたいです。
カタロンのスパイをやっているロックオンがここにいなくて本当に良かったのですが、
沙慈がCBにいる限りそのうちバレないのか?

またこの惨状をみたスメラギさんは過去のトラウマスイッチが発動。
倒れてしまいます。

また同時にカティ・マネキンの過去も分かります。
スメラギと同じく昔戦術予報士をやっていたが、
どうやら情報のミスで見方同士が戦うという大惨事を起こしたみたいです。
しかもその戦った味方というのがスメラギが所属していたところ…。
そしてそれを思い出したと同時に、ガンダムの戦術がスメラギのとる方法と似ていることを知り、
CBにスメラギがいるのでは?と考えます。

つーか何の前ぶりもなくいきなり過去バレの話なんですが。
まあ確かに以前カティ・マネキンが「この戦術どこかで?」ともらしていましたけど、
まさか2人の過去にはそんなことが

また今回のバレその2
紅龍は王 留美の兄だった!!

これにも驚きました。
王 留美と何か関係ある人なのかなと思ったら兄だったとは!!
2期になってネーナに活躍の場を取られてしまっている彼ですが、そのうち光は当るのでしょうか?


またカタロンの惨状をみたソーマ・ピーリスも自分は超兵1号だということを再認識するのでした。
と、いうか個人的にここのくだりが良くわかりません。
セルゲイのやさしさが逆に仇となったって感じなんですかね。

そのソーマ・ピーリスの所に地上に降りてきたルイスが来て会話が。
ソーマ・ピーリスからあなたは無理をしているといわれます。
まあ完全に復讐のためにアロウズに入ったって感じですしね。

で、そこへアンドレイが登場。
ルイスを一目見て

「乙女だ」

今回の一番爆笑箇所です。
アンドレイ、一目ぼれですか!!
つまりそのうちルイスをめぐってアンドレイと沙慈が戦うわけですね。

話し変ってCBはカタロンのアジト脱出を手伝うべく、自分達を囮にするために進軍してきます。
そこでアロウズとの戦いへ。
ミスター・ブシドーは刹那との戦いにしか興味はないようです。
流石は乙女座、恋したら一直線のようです。

今回アロウズは手誰が多いせいか、マイスターは苦戦を強いられます。
刹那VSミスター・ブシドー、アレルヤVSソーマ・ピーリス。

そんな中沙慈も今回は自分が原因で大惨事を起こし、せめて残った彼らを守りたいということで
プトレマイオスの砲撃を担当することに。
しかしやはり実際に撃つとなると引き金をなかなか引けない沙慈。
やっとの思いで引き金を引く・・・そのターゲットのMSにはルイスが乗っているとは知らず・・・。

Cパートではミスター・ブシドーに押される刹那。
このままではやられそうになったため、禁止されているトランザムを使用とします。
またどうにかしてソーマ・ピーリスもといマリーを救いたいアレルヤ。
で、攻撃を受けで壊されるアリオスで次回。


で、その次回はこのアレルヤとソーマ・ピーリスの話が中心のようです。
「再開と離別と」ということでソーマ・ピーリスは完全にアレルヤの敵になるって事なのかな?
「私はあなたの娘になりたかった」って台詞がなんか悲しい結果になることを予告しているかのようです。
posted by マスオ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

ガンダム00 セカンドシーズン 5話 -故国燃ゆ-

ガンダム00 セカンドシーズン第5話の感想を。

冒頭シーンでリボンズ、リジェネに続き新たなるキャラ、リヴァイブが登場。
そしてリボンズの用意した新たなるMSに載ろうとしている人はどこかで見たことがある後姿が!!
リボンズ曰く、「人間だよ。ある意味その枠を超えているけどね」と言うことです。
まあ確かに彼のことを言っているのなら当てはまりますね。

で、本編
CBはカタロンの基地へ案内される。
カタロンの詳しい情報を知っているライルに対して突っ込みをを入れるティエリア。
それに対しライルの「常識の範囲だよ」って…これじゃ自分はカタロン関係者ですって言っているのも同じなような気がするんですが…。

カタロンの基地に入った時、何故か沙慈まで一緒について来ていたので何故?と思ったら、カタロンに保護してもらうためにのようです。
まあ確かにカタロンではないかという容疑がかけられていますしね。

マリナはカタロンにいる親を失った子供達の相手をすること。
流石にこの中東ではマリナの顔は知れ渡っているってことですね。
伊達に姫様じゃないか。

マリナと子供達が遊んでいる姿を見て過去を思い出す刹那。
どうやら彼は親しかった女性を自らの手で殺した(?)見たいですな。

沙慈は子供達がこんなになったのもCBのせいだと言ってここから抜け出そうとする。
途中カタロンの人に見つかるも、あっちは沙慈もCBの一員だと思い、町に連絡すると言ったら、車まで貸してくれます。
これは流石に気前良すぎだろ。

で、乗って砂漠を走っている所に連邦政府の戦艦に出くわします。
収容されてこれで安心…かと思ったらまたカタロンの容疑をかけられる沙慈、ホント踏んだり蹴ったりですな。
ですが、丁度その戦艦には00世界の常識人の一人セルゲイが載っており、彼が沙慈の事情を聞くことに。
ですが、彼が常識人でも周りは違っているため、セルゲイと沙慈の会話に聞き耳を立て、カタロンの基地の場所をアロウズに知らせてしまいます。

で、アロウズによるカタロン基地襲撃が開始。
しかも今回は1話に使用していたオートマトンによる攻撃になります。

CBも駆けつけますが、一足遅く基地は壊滅状態。
またこの戦闘に参加していたソーマ・ピーリスはオートマトンによる虐殺を自らの目で見てしまい、戦意喪失。

最後に、自分が喋ってしまったばかりにカタロンの基地を壊滅状態にしてしまった沙慈は自責の念にかられるのでした。
(彼はカタロンの基地掃討作戦時にセルゲイよって戦艦から開放されてます。)

Cパートではアザディスタンに戻りたいと言うマリナの願いをかなえるべく、向かっていた刹那とマリナの前にはMSによって焼かれたアザディスタンの姿が。
そのMSに載っているのは冒頭に出てきた彼、そうサーシェス!!

と、言うことで1期に出てきて&生き残ったキャラはコーラ抜いてほぼ全員出てきたって所ですかね。(そーいやコーラってどうなった?)
刹那との絡みがどうなることやら。

しかしマリナってホント不幸キャラですな。
彼女に幸せは訪れるのか?

沙慈も今回の件がターニング・ポイントになりそうですね。
やっぱこのままCB入りして…というのが妥当なのかな?
ルイスが地上に降りてきているんで、その絡みもまだある?
posted by マスオ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。